文献史上、漢民族が日本に上陸して攻めてきたことは一度も無い

こんにちは。

 

今日は、「文献史上、漢民族が日本に上陸して攻めてきたことは一度も無い」というタイトルでお伝えしていきたいと思います(^^)

 

なぜこのことをお話しするかというと、以前宗教勧誘で中国脅威論の話が出たからです。

 

「中国はあんなに軍事演習して。。脅威でしょう。いつ攻めてくるかわかりませんよね。不安に思いませんか?」と聞かれたことがあります。

 

ここで「そうですよね。」と答えれば、勢いで話をまるめこまれて入信する人も出てくるかもしれません。お金を巻き上げられる危険性も出てくるでしょう。

 

そういう時は、「文献史上、漢民族が日本に上陸して攻めてきたことは一度も無い」とハッキリ言って突っぱねましょう。

 

すると、相手からは高確率でこのような答えが出てきます。

 

「しかし、元寇が。。」と。

 

元寇は、鎌倉時代中期に行われたモンゴル帝国および高麗王国による2度の日本侵攻のことを指します。

 

中国大陸から軍が攻めてきた事案として、まっさきに思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、「ここでは『漢民族が』と言っています。『モンゴル民族』ではありません。指導者のフビライ・ハンはモンゴル民族です。」と切り返してあげましょう。

 

ここで黙っちゃう人が多いですが、さらに食い下がる人もいるはずです。以下のように切り返してあげましょう。

 

・「刀伊の入寇があるじゃないか!」→「よくご存じですね。あれは女真族です」

・「文献史上無いからと言って中国の脅威が無くなったことにはならないじゃないか!」→「そうですね。そうも言えるかもしれません。しかし、我が国の軍は何回中国の地を踏みましたか?覚えているだけで、豊臣秀吉朝鮮出兵日清戦争もそうですね。第一次世界大戦の青島攻撃もそうだし、満州事変、日中戦争。。まとめるだけでも大変だ。あなたが歴史を参照したいとするならば、はるかに警戒しなくてはいけないのは、中国の暴走ではなく我が国の暴発でしょう。」

 

中国脅威論を展開する方にこのような話をすることがありますが、この論理はいまだかつて一度も破られたことはありません(^^)

 

たとえ「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書を読んだとしても、「文献史上、漢民族が日本に上陸して攻めてきたことは一度も無い」という事実は変わらないはずです。

 

これ、覚えておくとチョット便利ですよ(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

どんどん応募しよう。学生時代の奨学金や助成金申請の思い出。

こんにちは。

 

最近は蒸し暑くなってきましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

4月から5月は奨学金助成金関係の応募が多い月でもあるので、このシーズンになるとよく大学院時代を思い出します(^^)

 

私立で学費は高かったですが、貧乏人でもなんとか卒業することが出きました。

 

応募した奨学金助成金で私がゲットした金額は2年間で約200万円。

 

学位論文だけでなく、奨学金助成金の申請書類の内容まで面倒見てくださった指導教授にはとても感謝しています(^^)

 

内訳をみると、

 

大学院給与奨学金(30万円)

 

学術推進特別重点基金(20万円)

 

緊急給与奨学金(30万円×2=60万円)

 

日本学生支援機構(学術成績により約90万円の免除)

 

です。

 

実際のところ、申請を出した奨学金助成金はその倍くらいになりますが、当たる確率が2分の1と考えると宝くじよりも割がいいはずです。(宝くじは当たれば大きいですが。。)

 

奨学金助成金を1円でも多くゲットするために、大学の奨学金窓口に足しげく通ったり、ネットで学外の団体の情報を調べまくったり、大学院の事務室の張り紙を毎日見たりと、金を得るための努力を惜しみませんでした。

 

日本学生支援機構の免除申請を出すときも、学会発表、学術論文掲載、ティーチングアシスタントの経歴などの、審査にプラスポイントの素材を駆使して申請書類に書き込みました。

 

申請書類の記入漏れがないかどうか、新しい助成金の情報があるかどうかも、指導教授にたくさん質問しにいきました。

 

 

奨学金助成金はアルバイトより割がいいです。

 

ちょっとの努力で多額のお金。

 

学生の皆さん、学費のことでお悩みなら、奨学金助成金をぜひ検討してみてはいかがでしょうか(*^^*)

 

 

自己流で開発!やみつきになる具なし味噌ソバの作り方

こんばんは。

 

今日は夜ご飯にソバを作って食べました。

 

今日は私のソバの作り方を話します。

 

簡単な味噌ソバですが、すでにやみつきです(^^)

 

 

まず、ソバをゆでるのに鍋に1リットルくらいのお湯をわかします。

 

その間、小さな器に、味噌おおさじ一杯、しょうゆ少々、ショウガ少々、にんにく少々をお湯で溶いてタレを作り、ドンブリの中に入れておきます。

 

鍋のお湯が沸いたら、ソバを入れて4分くらいゆでます。

 

適当な硬さを確認したらお湯を切り、タレが入ったドンブリの中にソバを入れます。

 

麺がかくれるくらいお湯を追加し、コショウと唐辛子で味付けしてできあがりです。

 

 

ちなみに私はたまり醤油、自分で作った自家製味噌、有機しょうがの粉、有機にんにくの粉を使っています。

 

いい素材を使えばダシはいらないという話を聞き、実践しています。

 

具はいつもありません(^^)

 

作り方は誰にも教わっていませんが、自己流で作ったソバです(^^)

 

これからも、この作り方で味噌ソバをたくさん食べていきたいです(*^^*)

申請書類の提出では役人と戦う勇気を!私の申請不受理時の対処法

こんばんは。

 

最近はとてもあたたかくなってきましたね(^^)

 

この時期は、申請関係などの書類の提出に大忙しです。

 

役所に行くことも多くなってきます。

 

 

役所に申請書類を出しに行くと、たまに「この申請は受けつけられません」といって追い返されるケースがあります。

 

審査すらも受させてくれないのは非常に腹立たしいことです(><)。

 

この記事では、私が以前、某市役所で申請不受理を受けそうになった時の対処方法をお伝えします(^^)

 

 

私は当時から、放送大学の学生の身分をもっていました。

 

当時は失業したばかりで国民年金を猶予してもらいたくて、某市役所の年金課へ行きました。

 

国民年金の「学生納付特例制度」の申請書類に記入を終えて、窓口に向かいました。

 

窓口の女性が書類を受け取ろうとしたところ、奥のほうから別の女性がやってきました。

 

女性「去年の所得が一定以上ありますね。この審査は受付できません」

私「失業した場合、失業証明書があれば審査の対象になるはずです。書類を受け取ってください。」

女性「あと、失業証明書はこの書式では受付できません。」

私「転居前の自治体でこの書類を渡されて、前の職場の上司にサインして貰ったんですけど。」

女性「では、ここに別の書式がありますので、再度前の職場にサインしてもらってきてください。」

私「そんな話がありますか。書式がどうのなんて、申請書類の要綱に書いてないじゃないですか。勝手にルールを作らないでください。」

女性「とにかく受付できませんので。」

 

私「仕方ない。私は、行政書士の友人に相談することを検討します。行政手続法や行政不服審査法国家賠償法などを読み直します。とにかく審査をしてください。不服申し立てや審査請求の制度もあるはずです。聴聞の機会とか。。

 

女性「私たちは書類を保管して上に送るだけなので。。」

私「じゃあ、そのまま送ってください!あとは上級行政庁と私とのやりとりにします。あなたも無駄な仕事をふやしたくないでしょう?ぼくもそうです。」

女性「わかりました(怒)!」

 

 

後日、国民年金事務所から申請猶予可の通知がきました(^^)

 

月約16,000円はきついですので、これが猶予されるのは大きいです。

 

学生の身分でも収入がよければ、払いたいのですが(><)。。

 

申請書類を出すときには要綱をちゃんとよく読んで、時には役所の人とバトルする勇気が大事ですね。

 

国民は役人に弱く、役人は政治家に弱く、政治家は国民の世論に弱いという話を最近聞きました。

 

一人で弱い国民が役人と戦うには、法的手続きの正当性を主張することでしょう(*^^*)

 

あと、仕事を増やされるのも役人はいやがるので、「面倒くさそうな住民」と思わせるのも一つの手かもしれません(*^^*)

 

 

移住して1年。自動車を買わずに自転車で通してしまった田舎暮らし

こんにちは(^^)

 

最近はだんだんと暖かくなってくるようになりました。

 

今日は仕事はなく、海岸を散歩して、ごろ寝して、スーパー銭湯に行ったが定休日で、しかたなくインターネットカフェでくつろいでいます(^^)

 

節約生活がうまくいき、新しく始めた仕事のギャラもいいことも手伝って、コンビニの勤務時間を減らす計画も着々とすすみそうです。

 

5月中旬までに週休4日を目指してがんばれたらいいなと思います(^^)

 

 

さて、先月で移住して1年が過ぎました。

 

最初の田舎暮らしは不安の連続でした。

 

知らない人たちとうまくやっていけるかな。。

 

仕事はあるのかな。。

 

生活費がなくなったらどうしよう。。

 

1年が終わってみれば、そうした不安は取り越し苦労だったなとあらためてふりかえって思います。

 

 

そして、ついに自動車なしで田舎暮らし一年が過ぎてしまいました(^^)

 

不便はたくさんありました。

 

田んぼに行く坂道は自転車ではとてもつらかったし、雨の日はどこにも行く気がおきないし、友達を連れて海にも行けないし、ショッピングで荷物をたくさんもてないしと。。

 

自動車を持っている仲間のみなさんに色々車で助けてもらうたびに、「やはり自分も」という気持ちもありました。

 

しかし、車を買うほどの貯金がなく、さらに月々のガソリン代、強制保険、任意保険、自動車税、車検代、今の自分の運転の技量などを考えると今持つのは得策ではないなと思いました。

 

また、自転車はメリットもたくさんあります。

 

・運動になるので健康が維持できる。

 

・近所の地理がよくわかるようになる。

 

・近所のおばあちゃん・おじいちゃんに挨拶される・できる。顔が覚えられる。

 

・小・中学生にも「こんにちは」とあいさつされる(匝瑳市の児童・生徒は礼儀正しい!)。

 

・駐車しやすい。

 

・買い物がコンパクトになるので、無駄遣いが減る。

 

・晴れた日は海風が気持ちいい。

 

などなど。

 

僕の祖母も今年で88歳になりますが、元気に福島で自転車生活を送っています(バスも使っていたかな)。

 

山梨の上野原の山間部にフィールド調査に行ったときも、おばあちゃんたちが元気よく自転車をこいでいく姿をみて、非常に感激しました(*^^*)

 

 

今後も私がこの生活を持続するかは不明(考え中)です。

 

ただ、車を持たない若い人が増える中で、そうした人でも田舎暮らしに足を踏み込めるという兆しを見出してもらえると幸いです(*^^*)

 

 

 

 

環境コストのかからない男をめざして。高田宏臣さんWSの感想

こんばんは。

 

1/21(土)に匝瑳市内で千葉市の造園事務所の方のワークショップ(WS)でお話を聞いてきました。

 

高田宏臣さん。

 

千葉県千葉市内でダーチャコミュニティの活動をされている方です(^^)

 

ダーチャ(菜園付き家庭農園)については以前、私も記事を書いています。

経済危機を見据え、ダーチャに倣って少しずつ自給自足生活を始める - コストのかからない男ブログ

 

 

さて、どういうお話だったのでしょうか。

 

一番印象に残ったのは、

 

「自然災害ならぬ人災を防ぐには、人間の体内の構造と同じ形を自然の地形もまたしているのだという視点が大事だ。」

 

ということです。

 

例えば、私たちの体には血管がとおっていますね。

 

血管は太い主脈と、細い毛細血管の形をとっています。

 

自然の地形もまた、同じ形をとっています。

 

例えば、木の幹と枝、根っこ、しわだらけの平地、いくえにも分かれた水脈、ぼこぼこした谷筋など。

 

人が言葉ではなかなか表せないような、きれいな形とは一見思えないような地形でも、実は自然本来の姿かたちをしているんだということを教わりました。

 

がけ崩れのような自然災害もまた人災で、とても繊細で稠密(ちゅうみつ)な自然の仕組みを知らないと悲劇が繰り返されてしまうということです。

 

 

自然のシステムって複雑です。。

 

 

高田さんの記事(日本住宅新聞 2017.1.15、13面)によると、

 

例えば、今にもくずれそうな斜面が急な山のシステムが面白いです(^^)

 

→山を崩そうとする強い力が上から下にはたらく

 

→深い谷ができる

 

→谷が深まればさらに強い力がはたらく

 

→側面や谷底から空気や微生物が活発に動く

 

→植物がはえてくる

 

→植物の根や菌糸によって土壌が捕捉される

 

→適度なすき間ができる

 

→結果、激しい風がふいても、雨がふっても土砂が流れなくなる

 

→植物はますます生い茂っていく

 

という循環。

 

その土地の傾きや気象などによって、安定な地形ができあがっていくんですね。

 

自然って面白いですね(*^^*)

 

 

ここからは私の感想。

 

私たちはモノの形を言葉であらわしますね。

 

例えば、マルとかシカクとかサンカクとか。

 

言葉であらわせるものに、どうしても意味を見出してしまうクセがあるようです(-_-)

 

血管の形、根の形など、なかなか言い表せないようなグチャグチャな形をしたものには意味を見いだせない性質もあるようです(-_-)

 

 

これって、偏見ですよね。

 

意味を見いだせないものには、気を払わない。

 

だから自分たちの都合、つまり偏見によって勝手に色々なものをつくりかえてしまう。

 

 

イエとかニワとかタンボとか。

 

自然のシステムに即したものならまだいい。

 

 

ビルとかダムとかドウロとか。

 

果たして、こうしたコンクリートでしきつめたものが、自然の理にかなっているのでしょうか。

 

その下には、おびただしい量の虫たち、菌たちが眠っているでしょう。

 

これって、悲劇です。

 

自然環境を自分の体のように考えないから、人災が起こるのかなと思いました。

 

世の中はすべてつながっているのですね(^^)

 

 

私は最近、近所のAさんに話しました。

 

「環境問題は人間の内面の問題だと思います」と。

 

そのことをつくづく思いだす、きょうこのごろです。

 

コストのかからない男は、環境コストのかからない男も目指しています(*^^*)

 

 

モノを買ったらワンインワンアウト方式。新しい雨具を買い古いのは捨てる!

おはようございます。

 

さっき、入浴料1回につき100円の匝瑳市役所近くの公共浴場に入ってきました。

 

シャンプー・リンスなどは各自持参ですが、料金が格安のため時々利用しています。

 

小さな窓から見える木々がとっても美しかったです。

 

その公共浴場についてはまたの機会にお話ししたいと思います(^^)

 

 

さて、今日は公共浴場に行く前に4,900円で防水の雨具を買ってきました。

 

久しぶりの高い買い物。。

 

そんなことで今日は食費をカットしようと、一食も食べないつもりです(^^)

 

 

最近はコンビニとあわせて太陽光発電の組み立ての仕事もするようになり、防寒対策をかねて作業ができる雨具が必要になりました。

 

この新しい雨具があれば雨の日も自転車で仕事場に行けるので、だいぶ助かります。

 

なので、100円で買った生地の薄い雨具は捨てることになりました。

 

買ったら捨てる。

 

これがミニマリストの佐々木典士さんのいうワンインワンアウト方式。

 

これで今回はモノの全体量が増えずに過ごせそうです(*^^*)