読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酵素ジュース作り。手間がかかる作業に取り組めるゆとりが大事。

おはようございます。

 

今日は酵素ジュースについてお話しします。


最近、久しぶりにリンゴとニンジンで酵素ジュースを作り始めました(^^)。

 

昨年までは仕事が忙しすぎて、なかなか暇がとれず酵素ジュースを作るのを断念していました。

 

今は仕事をやめて生活に余裕ができたので、早速酵素ジュースを作ってみることにしました。


ネットで調べると、酵素ジュースの効果はだいたい以下の通りにまとめられるようです。

 

・疲労回復

・美肌効果

・冷えの改善

・ダイエット

・デトックス効果(老廃物の排出)

アンチエイジング(老化防止)

血液サラサラ

・便秘の改善

・免疫力アップ

・口臭の予防

 

などなど、様々な効果がうたわれているようです。

 

 

私も酵素ジュースを飲んでいる間は、体が軽くなったような感じがしました(^^)。

 

まず私は、スーパーでニンジンを6本、リンゴを2個、グラニュー糖2kgを買って帰りました。

 

果実酒用のビンに、まず細かく切ったニンジン3本分を、次にグラニュー糖1kgを、そして細かく切ったリンゴ1個分を入れました。

 

さの上から、同じ分量のニンジン、グラニュー糖、リンゴの順番をもう一回詰めていくと、ギリギリビンに全部入りました。


次の朝、ビンを見てみると粒状の糖がかなりシロップ化しているのがわかります。

 

ビンの底や側面にある未だ溶けていない粒状の糖は、手でぐるぐるとかき混ぜて溶かしていきます。

 

混ぜる時は素手がいいと考えます(手についている常在菌が、より体になじむ酵素になるようだとのことです)。

 

前の日にぎっしり果実や糖を詰めたとしても、次の日には容積は落ちているので、果実や野菜の余りがあれば追加で入れていきます。

 

 

それを毎日一回続けていきます。

 

すると徐々に発酵が始まり、シロップの表面に小さい気泡が出てくるので、一週間くらいしたら完成です。

 

気温の高い夏とかはもっと早く発酵が進むので、短期間で出来上がる可能性もあります。

 

シロップはだいたい5~6倍に希釈して飲んでいます。

 

コンビニ夜勤をしてた時は、いつもこれを飲んでいました。

 

自分でジュースを作って飲めるなんて、ちょっといいですよね(*^^*)。

 

こういう作業も肉体的・精神的に余裕がないとできません。

 

 

これからも少しずつ自分でモノを作り続ける習慣を身につけていきたいと思いますo(^▽^)o。