読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外の大消費地におけるコストのかからない観光はスロー思考と普段の節約生活が生きてくる。ハワイのワイキキでのお金の無い人の行動計画と心構え。

こんにちは。

 

先週の金曜日に無事アメリカ(ハワイ)から帰国しました。

 

この一週間は異次元の世界にいるようで、日本の雰囲気とのギャップにまだ慣れていない感じです(^_^;)

 

いろいろな所に行って、いろいろなところに行ってきました。

 

 

アラモアナショッピングセンターで買い物をして、

 

ヒルトンの花火を見て、

 

コオリナ地区にあるビーチ近くの教会での結婚式に出席して、

 

カイルアやワイキキのビーチで泳いで、

 

秘境の滝ツアーでジャングルを歩いて、

 

クアロア牧場で乗馬をして、

 

DOLEのパイナップル農園で果物を満喫して、

 

真珠湾でアリゾナ号を見て・・・

 

いろいろやってきました(*^^*)

 

 

 

ハワイは人が街が明るくて、陽気で、柔らかい雰囲気がとてもいいですね(*^^*)

 

私は貧乏人なので、次回来るときはなるべくお金をかけずにスローなハワイを満喫したいですね。

 

私はいつも基本コストのかからない題材をテーマにして文章を書いているので、お金をかけなくてもでもハワイのワイキキのような大消費地でそれなりに楽しく過ごせる行動パターンを考えてみました(o^^o)

 

 

 

1、ホテルでゆっくり過ごすのもおすすめです。出歩かなければお金はかかりません。日本で忙しくエネルギーを消費した分、ゆっくり休んで体力を回復させましょう。美しいものを美しいと思える感受性は疲れていると磨滅してしまっていますので。。

 

2、ホテルの窓からゆっくり景色を眺めるのも良いです。海に夕日が沈むのを見ながらビールを飲むのは最高です。ちなみにビールはハワイでは比較的安価な飲み物です。海岸が近くのホテルを安めに予約してもらいました。

 

3、散歩は海岸近くがおすすめです。南国の植物が生えている砂浜を散歩するだけでもだいぶ心が癒されます。

 

4、街のレストランで出てくる食べ物の量が多いので、一日一食か二食をおすすめします。また、家族と友人で来るなら一人ひとり個別で料理を頼まずに、一品料理を複数頼んでみんなでシェアして食べるといいでしょう。朝や昼間に小腹がすいたら街のレストランのアサイーボールがおすすめです。

 

5、ビーチで泳ぐのは無料です。ハワイの海はとてもきれいで、泳いでいると足もとに魚が寄ってくることもあります。私が泳いでいるときは細くて白い魚がゆっくりと泳いでいました。

 

6、新聞の無料配布があちこちで見られます。ホテルやバス等にハワイの地方紙が置いてあるので興味がある人は見ると良いでしょう。私は英語は苦手ですが。。

 

7、お金が無くても楽しめるスポット、真珠湾はおすすめです。記念館は有料の箇所もありますが、無料のところもあります。真珠湾攻撃で日本軍に沈められた戦艦アリゾナに関するドキュメンタリーの視聴や海の上に浮かぶアリゾナ記念館までの乗船・鑑賞は無料でした。

 

8、長距離移動はバスがお勧めです。ワイキキを走るピンクバスはJCBカードを見せれば二名まで無料で乗車できます。30キロ以上あるような場所に行くときでもTHE BUSならどこで降りても2.5ドル(約300円)だったので非常に安く感じました。

 

9、一日は観光せずに何もしないでボーっとする「空白の時間」をつくるといいかもしれません。ボーっとする。寝そべってただただ物事を考える。目的もなく散歩をする等等。。ハワイのスローな時間もとても良いです。

 

10、人との触れ合いは楽しいです。とても印象的な人が多かったです。

 

ハイウエイに乗っているの後部座席の方ばっかり見てレゲエに合わせて踊りを踊っていた送迎のドライバーのおじさん、

 

ハイテンションで見ているだけで楽しかった超陽気なカメラマンのおじさん、

 

やさしくハワイの観光についてことこまかく説明してくれた日本人のタクシードライバーのおじさん、

 

一度にたくさんのメニューをメモをとらずに聞くだけで全て間違えずに料理を運んできたウエイターのおばちゃん、

 

寡黙でやさしい雰囲気だけがとても伝わってくる式場のおじさん、

 

ジャングルでの豊富な経験とユニークな語り口で観光客を楽しませていたツアーガイドのおじさん、

 

乗馬の際に時には私に強い口調で指導してくれた指導員のおじさんetc...etc...

 

数えればまだまだ出てきそうですが、みなさん個性豊かで面白い人たちでした(o^^o)

 

 

 

ハワイのような大消費地において贅沢しようとすると、支出に際限がありません。

 

コストのかからない観光をいかにしていくかを考えることはお金のある人にとっても重要です。

 

限られた予算の中でいかに楽しめるかは、普段の生活からスロー思考を意識しながら節約生活を心がけることが大事だと今回思いました。

 

節約すれば貯金が早くたまって、近いうちに次の海外旅行もできるかもしれませんしね(^^)

 

こういう機会を与えてくれた家族に感謝です。