読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

購入の際は仕事のキツさを思い出そう

ある日、私の仕事場で靴の話題になりました。

かっこいい靴を履いてるので値段を聞いてみると1万3000円もしたというのです。

とてもカッコイイ靴です。

僕はそれをみてこう言いました。

「僕の靴もいいですよ。なんと500円ですよ!」

薄っぺらくて貧相な靴ですが、買ってから不自由に思ったことはありません。

雨の日はぐちょぐちょに濡れるし、靴の裏もだいぶすり減っているけど、僕の好きなブルーの色で軽くて動きやすい。

愛着なんて何日も履いているうちに湧いてきます。

1万3000円稼ぐのに1000円の時給に換算すれば13時間働かなくてはいけないけど、500円の場合30分で済むのです。

こう考えると意外に節約って豊かだなって思いません?

オシャレも悪く無いですが、僕はわりとこういう価値判断をすることが多いです。

物を買う時には仕事のキツさを思い出し、それに見合う買い物かどうかをその場で判断するようにします。

もちろんその子の価値基準を否定してるわけではありませんよ(^^)。